理由があって通信制高校へと編入したことの体験談について

スクーリングは週1回毎週日曜日に行われる

通信制高校 | 鹿島山北高等学校目黒学習センター

高校2年生の時入院し、通信制高校へ編入したスクーリングは週1回毎週日曜日に行われる通信制高校に通った2年間はとても大きな体験

そして週1回のスクーリングがあります。
そのスクーリングは毎週日曜日に行われ、普段全日生の人たちが使用してる教室を使用しての授業となります。
週1回の授業なので、深い内容までは行えずだいたいの内容となっていました。
ただ私の場合は、アトピーの治療が第一優先であったため、出席できない日も多々ありました。
科目によっては出席日数が足りなかったです。
しかし、病気の為という理由があったので、その点を考慮して個人授業を平日の日に行ってくれ、それで出席日数扱いをしてくれました。
通信制高校への編入される方というのは、様々な理由があってのことです。
その多くが、病気の為全日生に通えないというケースがあり、その配慮がなされていました。
通信制高校は4年制となっています。
私は全日制高校の1年生分は単位が取れているため、残りの分は2年間で高校卒業分の単位をとることができました。
大検で取った単位分あわせも合わせることができ、そのような人もいました。
日曜日しか授業がないとはいえ、教師は平日にも普通に出勤しています。
そして、通信専用の職員室と教室もあります。
よって生徒たちも毎日そこへと通ってくることもできます。
もちろん自主学習という形にはなります。
その教室で独自に勉強しながら、わからないことなどあれば、職員室にいる先生に聞くことも可能です。
そうしている生徒も数人ですがいました。